ここでは、あなたのビジネスを成長させるための市場調査や業界インサイトレポートを入手することができます。

製品、市場、企業、予測レポートに関するビジネス洞察、マーケティングリサーチ、競合業界分析の大規模なコレクションを共有しています。

コンテンツモデレーションソリューション産業規模、動向レポート、洞察分析、2023-2035年予測

世界のコンテンツモデレーション・ソリューション市場は、2022年には約105億ドルと評価され、2035年には340億ドルに達すると予測されている。さらに、2023年から2035年のCAGRは14%で成長している。

当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます: 

https://www.sdki.jp/sample-request-104846

成長促進要素

人工知能(AI)や機械学習(ML)などの技術の活用 2023年までに、AIをより広く活用することで、顧客満足度が25%向上すると予想する企業が増えている。AIは、83%の企業が事業計画における最優先事項として位置づけている。2030年までに、MLとAIの発展は世界のGDPを14%押し上げると予想されている。ほとんどのMLプログラム予算は25%増加し、今年はIT、製造、金融セクターが最大の増加率を記録する。

コンテンツ・ソリューション市場概観

ヨーロッパ地域は、コンテンツモデレーションソリューションの市場で著しい成長が見込まれるもう 1 つの地域です。地域市場の成長はドイツが主導するはずです。同地域では、ソーシャルネットワーキング電子商取引、オンラインゲームなどのオンライン活動が活発化しているため、同産業は今後数年間で成長すると予測されている。EUのインターネットユーザーの70%以上が、ニュースはオンラインで入手すると考えられている。

コンテンツモデレーション市場向けソリューション

業界によると、予測される年の終わりまでに、小売とeコマースが市場収益のかなりの部分を占めると予測されている。2035年まで、この産業は最大46%のペースで拡大すると予測されている。このサブカテゴリーは、スマートコネクテッドデバイスの人気の高まりと、テクノロジーとインターネットへの簡単、迅速、安価なアクセスによって成長している。

原資料: SDKI Inc 公式サイト

サービスとしての機械学習 産業規模、動向レポート、洞察分析、2024-2036年予測

サービスとしての機械学習(MLaaS)は、クラウド・コンピューティング・サービスを通じて機械学習(ML)のためのツールを提供する幅広いサービスを指す。明示的なプログラミングに代わるものとして、機械学習は統計的なデータ分析を用いて予測出力を提供する。人工知能(AI)とコグニティブ・コンピューティングは、データセットと意図した結果との関連を調べるために機械学習(ML)で使用される。

当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます: 

https://www.sdki.jp/sample-request-114678

成長の要因

クラウド・コンピューティングの普及: クラウド・コンピューティングは、企業向けストレージ・ソリューションを提供する企業の間でますます普及している。2023年までに、世界の大企業の89%以上がマルチクラウドインフラを導入すると予測されている。

コグニティブ・コンピューティング人工知能(AI)の発展: 機械学習のおかげで、人工知能システムは推論、学習、自己修正ができるようになった。アマゾン、マイクロソフト、グーグルといった市場のリーダーたちは、AIとクラウド・コンピューティングの価値に気づき、より洗練された効果的なシステムを作ることを目標に、機械学習(ML)に多額の投資を行うようになった。そうだ。

サービスとしての機械学習(MLaaS)の市場セグメンテーション

当社は、サービスとしての機械学習 (MLaaS) 市場に関連するさまざまなセグメントにおける需要と機会を説明する調査を実施しました。サービスとしての機械学習(MLaaS)産業は、コンポーネント、組織規模、アプリケーション、産業に基づいて、市場をセグメントに分けました。ソリューションとサービスである。我々のデータインサイトによると、2024年から2036年の間に、MLaaS市場においてサービスのサブセグメントが67%と高いシェアを占めるはずである。

地域概要

人工知能(AI)アプリケーションはますます多くのアプリケーションで利用されるようになっているため、日本ではサービスとしての機械学習(MLaaS)産業が拡大すると予想されている。日本は2045年までに約8050億米ドルの経済的恩恵を人工知能技術から受けると予測されている。

原資料: SDKI Inc 公式サイト

量子コンピューティング産業規模、動向レポート、洞察分析、2023-2035年予測

とはいえ、予測される時代には、高度な資格を持つ労働者の不足が、おそらく量子コンピューティング市場の拡大を制限することになるだろう。

当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます: 

https://www.sdki.jp/sample-request-107634

パフォーマンス解析 
さらに、量子コンピューティング技術の農業への応用が大きく伸びていることが、量子コンピューティング産業の急速な拡大を後押ししている。量子コンピューティングのプラットフォームは、農家をはじめとする世界の食品生産者が、長期的かつ大規模な生産計画を精密に立てたり、収量や効率を高めるための情報を提供したりする上で、大いに役立つと期待されている。より多くの顧客を獲得するために、量子コンピューティングの世界的なプロバイダーは、より優れた効果的なソフトウェアや、フリーソフトウェアのようなサービスプラットフォームも提供している。今後数年間で、量子コンピューティング・サービスの利用が拡大し、多くのエキサイティングな新しい展望が生まれるかもしれない。
量子コンピューティングの市場セグメント

量子コンピューティング市場調査は、地域、エンドユーザー(宇宙・防衛、自動車、ヘルスケア、銀行・金融、化学、エネルギー・電力)、アプリケーション(最適化、機械学習、材料シミュレーション)、提供タイプ(コンサルティングソリューション、システム)に分けられる。これらのセグメントは、さらに異なる基準に従って小さなグループに分けられ、評価期間中の市場価値と数量、各セグメントとサブセグメントの複合年間成長率など、市場に関するその他の詳細が多数含まれています。

量子コンピューティング産業の地域別概要

量子コンピューティング市場はさらに地域に分けられ、それぞれの国の市場拡大が評価される。アジア太平洋地域(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、欧州のその他地域)、欧州地域(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、欧州のその他地域)、北米地域(米国、カナダ、北米のその他地域)である。(アジア太平洋地域)およびその他の地域。

原資料: SDKI Inc 公式サイト

産業制御システムのセキュリティ産業規模、動向レポート、洞察分析、2024-2036年予測

産業用制御システムの安全性とセキュリティを確保することが、産業用制御システム(ICS)セキュリティの焦点である。これは、システムのオペレーターやユーザーが使用するソフトウェアとハードウェアで構成される。

当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます: 

https://www.sdki.jp/sample-request-108452

産業用制御システム・セキュリティ市場の成長要因

  • デジタル技術は急速に発展しており、産業部門に携わる企業にとって、業務管理の重要性はますます高まっている。その一方で、産業用制御システムに対するさまざまなセキュリティ・リスクが、事実上毎日のように発生している。現在のデジタル経済では、これらの危険はより複雑になっており、セキュリティ・システムが現在のセットアップを監視することがより重要になっています。
  • ITとOTシステムの融合 産業におけるプロセスの効率化は、産業用IoTデバイスの普及、ITとOTの融合、OTと外部ネットワーク間の接続の拡大など、多くの要因によって推進されている。モノのインターネットが出現して以来、ボットネットはIT/OTネットワークを通じてアクセスされるあらゆるICSセンサー、機器、デバイスを武器化する能力を持っている。

市場の分野

業種に基づいて、産業用制御システムセキュリティ市場は、電力、エネルギーと公共事業、輸送、製造、その他の業種に分割されています。エネルギー・ユーティリティ分野は、市場で重要な位置を占めるこれらのサブセグメントの1つであり、2036年までに市場収益の最大35%に貢献すると予測されている。

産業用制御システムセキュリティの地域別市場概要

北米市場が最も収益性が高く、満足度の高い市場になると予想される。2036年までに北米の市場シェアは最大33%以上に達する。北米では、重要インフラに対するサイバー攻撃の急増を受け、ICSセキュリティソリューションの導入が最も急速に進んでいる。このことは、ICSセキュリティ・ソリューションが公益事業、化学、エネルギー、産業など多くの産業で幅広く活用されていることを示している。北米のインターネットユーザーの2人に1人は、2021年にアカウントが侵害されている。

原資料: SDKI Inc 公式サイト

ビデオ監視とVSaaSの業界規模、動向レポート、洞察分析、2024-2036年予測

ビデオ監視とVSaaS市場の成長は、高解像度の欠陥のない画像とビデオ分析の技術的進歩による買い替え需要と、スマートシティの開発の増加によって牽引されると予測される。ビデオ監視は、テロや犯罪行為を防止するセキュリティ産業で応用されている。

当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます: 

https://www.sdki.jp/sample-request-110644 

市場分析 
 米国国家安全保障局によると、9月11日以降、米国の法執行当局は監視技術を利用して、米国やその他の国で50件以上のテロ計画を阻止している。これが、予測期間中のビデオ監視およびVSaaS市場の成長を促進している。また、今後数年間は、より高度な機器を開発するための投資が増加するため、ビデオ監視およびVSaaSの需要が大幅に増加する可能性がある。

地域概要

アジア太平洋地域は、世界のビデオ監視市場調査およびVSaaS市場で最大のシェアを占めている。このセグメントは、予測期間中、ビデオ監視およびVSaaS市場を支配すると予想される。中国とインドの経済成長、大規模な建設プロジェクト、公共支出の増加は、この地域のビデオとVSaaS市場の成長を促進する主な要因であると予想される。. 一方、北米地域はビデオ監視およびVSaaS製品の最大地域として浮上している。

ビデオ監視とVSaaSの市場セグメント 
ビデオおよびVSaaS市場は、アプリケーション(ハードウェア(カメラ、ストレージ、コントローラー、モニター)、ソフトウェア(ビデオ解析およびビデオ管理ソフトウェア)、サービス(サポート、マネージド、ハイブリッド))、タイプ(アナログビデオモニター).およびVSaaS、IPベースのビデオ監視およびVSaaS)、エンドユーザー(住宅、商業、企業、旅行、政府、ホスピタリティ、産業、スポーツ、ヘルスケア、その他)、地域別に区分される。

原資料: SDKI Inc 公式サイト

公開鍵基盤の洞察、シェア、成長、サイズの概要と2024-2036年の予測

弊社の調査レポート「公共インフラ市場」によると、同市場は予測期間中に年平均成長率約19.06%で成長し、2036年には376億米ドルの規模に達すると予測されている。さらに、2024年の公共インフラ市場規模は緩やかな成長が見込まれている。

当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます: 

https://www.sdki.jp/sample-request-106864

公開鍵市場の分析 
今日、組織は暗号セキュリティを管理するためにパブリック・インフラに大きく依存している。公開鍵ソフトウェアは、人、デバイス、アプリケーションが情報を暗号化するために使用できるセキュリティ・キーであり、情報を破壊できるのは一人だけである。公開鍵システムは1990年代に初めて開発され、デジタル証明書管理を通じて暗号鍵を検証するもので、デジタルの世界における証明に似ている。
公開鍵基盤市場のセグメンテーション 
当社は、公開鍵インフラ市場に関連するさまざまなセグメントにおける需要と機会を説明する調査を実施しました。市場をコンポーネント別、展開形態別、組織規模別、エンドユーザー別に区分した。

コンポーネント別に見ると、世界の公開鍵基盤市場は、ハードウェアセキュリティモジュール、ソリューション、サービスに区分される。このうち、ハードウェアセキュリティモジュールセグメントは、予測期間中に40%の高い市場シェアを占めると予想される。

公開鍵基盤産業の概要と競争環境 
SDKI Inc.のリサーチャーによると、公開鍵基盤市場は細分化されており、大企業から中小企業まで様々な規模の企業間で競争が行われている。市場参入企業は、製品や技術の発表、戦略的パートナーシップ、提携、買収、事業拡大など、市場で競争優位に立つためにあらゆる機会を利用しています。

原資料: SDKI Inc 公式サイト

スマートウォッチの洞察、シェア、成長、サイズの概要と2023-2035年の予測

スマートウォッチの市場規模は、2022年の360億ドルから2035年には900億ドルに達すると予想され、2023年~2035年の予測期間中、年平均成長率10%で成長すると予測されている。私は

当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます: 

https://www.sdki.jp/sample-request-114685

販売概要  
スマートウォッチは、従来の腕時計よりも多くの機能を提供するウェアラブル端末である。スマートウォッチは通常、BluetoothWi-Fiを介してユーザーの携帯電話やその他のモバイルデバイスに接続し、通知の受信、通話、メッセージの送信、健康やフィットネスの指標の追跡、スマートホームバイスの制御、その他の機能の実行を可能にする。. 当社の調査によると、COVID-19の脅威による継続的なヘルスケアに対する需要の増加が、この市場の成長要因となっている。
スマートウォッチ市場セグメント

腕時計の種類に基づくと、拡張スマートウォッチセグメントが世界のスマートウォッチ市場をリードし、世界の数字の55%以上を占めている。スマートウォッチ市場調査―は、彼のデバイスとの幅広いモバイル互換性により、2023年から2035年までの予測期間中、このセグメントは14%のCAGRで安定的に成長すると予測している。例えば、サムスンのGalaxy Watch Active2は、AndroidiOSの両方のスマートフォンに対応しているため、消費者の間で人気がある。

競争環境 
スマートホーム市場の主要プレーヤーおよびメーカーには、Apple Inc.、サムスン電子株式会社、Fitbit Fitbit, Inc.、Garmin Ltd.、Huami Co. Ltd.、Fossil Group, Inc.、Motorola Mobility LLC(Lenovo)、ソニー株式会社、Tom Tom International BV、Amazon.com, INC.、Xiaomi Corporation、Nokia Corporation(Withings)、LG Electronics Inc. この調査には、世界のスマートウォッチ市場におけるこれら主要企業の詳細な競合分析、企業プロフィール、最近の動向、主要なマーケティング戦略などが含まれている。

原資料: SDKI Inc 公式サイト